Microsoft Office 2021のリリースが正式アナウンス

更新日:9月8日

2020年9月に一度アナウンスされたOffice 2021のリリースが正式に発表されました。

リリース時期は2021年の後半とされています。


発表された内容の概略は以下の通りです。

<良い情報>

  • Office 2021のProfessional PlusとStandardのLTSC版の提供(企業向け)

  • Office 2021のパッケージ版を提供(コンシューマー・中小企業向け)

  • どちらも永続ライセンスとして提供される

  • 少なくともLTSC版は時期バージョンについても提供される

<気を付けなければならない情報>

  • Office LTSC版のライフサイクルは5年

  • Office LTSC版のライフサイクルが5年になるのに伴い、Windows10 ClientのLTSC版も5年に短縮される(従来は10年)

  • Office LTSC版の料金は約10%値上げされる

サポートについては、これまでもOfficeのメインストリームのサポート期間は5年だったので特に変わりはないように見えますが、これまでは追加で5年の延長サポートが利用できていたものが利用できなくなる可能性があるということです。

これは、OSのWindows10 Client LTSCについても適用されるとのことですので、Windws10 Enterpriseを利用しない場合、クライアントデバイス自体のライフサイクルも5年に縛られる可能性が生じることになりますので、IT投資上の留意が必要になります。


これらの情報に関するMicrosoftのアナウンスURLはこちらをご参照ください(英語ページであり、別ページで表示されます)。

・Office 2021のリリースについて

・Office 2021 LTSCとWindows10 Client LTSCのライフサイクルについて

151回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主なパブリッシャーのライセンス情報URL(2021/09/30現在)

主なソフトウェアパブリッシャーの2021年9月末時点のライセンス関連の情報URLです。英語のページもありますので、ご留意ください。 AdobeSystems、Autodesk、IBM、Justsystems、Microsoft、Oracleのライセンス情報のページをピックアップしています。 IT資産管理・ソフトウェア資産管理でご利用ください。 ※リンクをクリックすると外部ページが別タブで開きますの

Windows 365 その1

先日のWindows11の発表から今度はWindows 365が発表されました。 もしかしたらWindows11はこのWindows 365のために必要なバージョンアップだったのかもしれません。 この記事を読まれた方の多くはすでにご存じの方も多いと思いますが、簡単に、現在わかっている範囲の情報をまとめておきたいと思います。 Windows365の概略 Windows 365は、どうやら、これまでA

ADVANCE Manager Ver.4.0リリースのご案内

おかげさまで、2017年5月にリリースさせていただきましたADVANCE Managerの最新バージョンをリリースさせていただきました。 今回のバージョンでは、クラウドIDやRPAをIT資産管理の枠組みの中で管理できる仕組みを実装しています(特許取得済み)。 詳細パンフレットもご用意しておりますので、よろしければこちらからご請求ください。 来年4月までには、より利用しやすい機能を実装する新バージョ