実行型インベントリーツールの無償提供

更新日:9月8日



IT資産管理研究所から、実行型インベントリー収集ツールが無償で提供されるようになりました。

インベントリーツールは本来、実行形式ではなく常駐型でサーバーからコントロールできるものを利用することが望ましいですが、

*スタンドアロン用のインベントリーツールのライセンスを持っていない

*サーバーなど、常駐型のインベントリーツールを利用することが好ましくないハードウェアがある

*まだインベントリーツールを導入していない

などのお客様が、台帳システムなどと組み合わせて、すぐにIT資産管理に取り組むことができるよう、提供いただくものです。

詳細はこちらから。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

主なパブリッシャーのライセンス情報URL(2021/09/30現在)

主なソフトウェアパブリッシャーの2021年9月末時点のライセンス関連の情報URLです。英語のページもありますので、ご留意ください。 AdobeSystems、Autodesk、IBM、Justsystems、Microsoft、Oracleのライセンス情報のページをピックアップしています。 IT資産管理・ソフトウェア資産管理でご利用ください。 ※リンクをクリックすると外部ページが別タブで開きますの

Windows 365 その1

先日のWindows11の発表から今度はWindows 365が発表されました。 もしかしたらWindows11はこのWindows 365のために必要なバージョンアップだったのかもしれません。 この記事を読まれた方の多くはすでにご存じの方も多いと思いますが、簡単に、現在わかっている範囲の情報をまとめておきたいと思います。 Windows365の概略 Windows 365は、どうやら、これまでA

ADVANCE Manager Ver.4.0リリースのご案内

おかげさまで、2017年5月にリリースさせていただきましたADVANCE Managerの最新バージョンをリリースさせていただきました。 今回のバージョンでは、クラウドIDやRPAをIT資産管理の枠組みの中で管理できる仕組みを実装しています(特許取得済み)。 詳細パンフレットもご用意しておりますので、よろしければこちらからご請求ください。 来年4月までには、より利用しやすい機能を実装する新バージョ