Microsoft Office 2021のリリースが正式アナウンス

2020年9月に一度アナウンスされたOffice 2021のリリースが正式に発表されました。

リリース時期は2021年の後半とされています。


発表された内容の概略は以下の通りです。

<良い情報>

  • Office 2021のProfessional PlusとStandardのLTSC版の提供(企業向け)

  • Office 2021のパッケージ版を提供(コンシューマー・中小企業向け)

  • どちらも永続ライセンスとして提供される

  • 少なくともLTSC版は時期バージョンについても提供される

<気を付けなければならない情報>

  • Office LTSC版のライフサイクルは5年

  • Office LTSC版のライフサイクルが5年になるのに伴い、Windows10 ClientのLTSC版も5年に短縮される(従来は10年)

  • Office LTSC版の料金は約10%値上げされる

サポートについては、これまでもOfficeのメインストリームのサポート期間は5年だったので特に変わりはないように見えますが、これまでは追加で5年の延長サポートが利用できていたものが利用できなくなる可能性があるということです。

これは、OSのWindows10 Client LTSCについても適用されるとのことですので、Windws10 Enterpriseを利用しない場合、クライアントデバイス自体のライフサイクルも5年に縛られる可能性が生じることになりますので、IT投資上の留意が必要になります。


これらの情報に関するMicrosoftのアナウンスURLはこちらをご参照ください(英語ページであり、別ページで表示されます)。

・Office 2021のリリースについて

・Office 2021 LTSCとWindows10 Client LTSCのライフサイクルについて

最新記事

すべて表示

ADVANCE Manager の特許

ADVANCE Managerでは次の機能につき、今般、特許を取得しました。 特許を取得した機能は次のものになります。 ・リマインダー ・除外キーワード ・システム・サービス管理台帳 リマインダー 齟齬を検知した場合にアラートを通知する仕組みは一般的にありますが、すべての齟齬がアラートになり利用者に通知されるようになってしまうと、アラートの効果を果たさなくなります。リマインダーはこれを回避するため

IT資産管理・ソフトウェア資産管理の「いろは」と参考ツール

IT資産管理(ITAM)・ソフトウェア資産管理(SAM)については、いろいろな人がその有用性や必要性についてネット上でもまとめていますが、実際にどのように取り組むか?どのようなことに気を付けていくか?について具体的なレベルで記載されている記事は、それほど多くはありません。

ホームページをリニューアルしました

ホームページをリニューアルしました。 今後は、IT資産管理やソフトウェア資産管理、ライセンスに関する様々な情報発信の他、最新ソリューションやサービスのご紹介をこちらで行っています。 今後は順次、IT資産管理に関連する様々な情報をアップデートしていきます。

2020 © Cross Beat Co., Ltd. all rights reserved.