ADVANCE Managerのアラート機能(1)

最終更新: 2020年11月1日

ADVANCE Manager Ver.3.01には58のアラートがあります。

このアラートは、実際のお客様の運用状況や新しい機能追加に伴って増えています。


「そんなにあったらうるさくない?」


アラートの数を自慢しているわけではありません。

他社のシステムに比べてアラートの数が圧倒的に多いのは、単に管理状況の様々な齟齬を洗い出すことを目的としているわけではありません。

それによってさまざまな立場の管理者の管理負荷を減らすこと、様々な状況の組織の管理レベルを向上させることを目的としているためです。


IT資産管理のベストプラクティスや要求事項は、ISO/JISSAMACの管理基準SAM BIBLEなど様々ありますが、実際のIT資産管理の運用方法は組織によって異なります。

その管理状況も組織によってまちまちです。


アラートはそれぞれの組織の「足りない」部分を補い、強化する支援をするためのものでなければならないと思っています。


すべてのアラートを漫然と利用するのではなく、組織がその時点で必要とするアラートが利用できる。それがADVANCE Managerのアラートです。


次回以降に主なアラートをいくつかご紹介させていただきたいと思います。


#IT資産管理 #IT資産管理コンサルティング #IT資産管理システム #ソフトウェア資産管理 #ADVANCEManager #アラート



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Windows 365 その1

先日のWindows11の発表から今度はWindows 365が発表されました。 もしかしたらWindows11はこのWindows 365のために必要なバージョンアップだったのかもしれません。 この記事を読まれた方の多くはすでにご存じの方も多いと思いますが、簡単に、現在わかっている範囲の情報をまとめておきたいと思います。 Windows365の概略 Windows 365は、どうやら、これまでA

ADVANCE Manager Ver.4.0リリースのご案内

おかげさまで、2017年5月にリリースさせていただきましたADVANCE Managerの最新バージョンをリリースさせていただきました。 今回のバージョンでは、クラウドIDやRPAをIT資産管理の枠組みの中で管理できる仕組みを実装しています(特許取得済み)。 詳細パンフレットもご用意しておりますので、よろしければこちらからご請求ください。 来年4月までには、より利用しやすい機能を実装する新バージョ

Windows11について その2

Windows11に必要なチップセットとして、 CPU:Intel=第8世代以上、AMD=Ryzen2000以上 TPM:2.0以上 が要求されています。 これは、Intelであれば2017年11月以降に発売されたPC、AMDであれば、2018年4月以降に発売されたPCでなければ、インストール要件を満たすことができない可能性が高いというものです。 また、TPM(Trusted Platform M