ADVANCE Managerのアラート機能(1)

ADVANCE Manager Ver.3.01には58のアラートがあります。

このアラートは、実際のお客様の運用状況や新しい機能追加に伴って増えています。


「そんなにあったらうるさくない?」


アラートの数を自慢しているわけではありません。

他社のシステムに比べてアラートの数が圧倒的に多いのは、単に管理状況の様々な齟齬を洗い出すことを目的としているわけではありません。

それによってさまざまな立場の管理者の管理負荷を減らすこと、様々な状況の組織の管理レベルを向上させることを目的としているためです。


IT資産管理のベストプラクティスや要求事項は、ISO/JISSAMACの管理基準SAM BIBLEなど様々ありますが、実際のIT資産管理の運用方法は組織によって異なります。

その管理状況も組織によってまちまちです。


アラートはそれぞれの組織の「足りない」部分を補い、強化する支援をするためのものでなければならないと思っています。


すべてのアラートを漫然と利用するのではなく、組織がその時点で必要とするアラートが利用できる。それがADVANCE Managerのアラートです。


次回以降に主なアラートをいくつかご紹介させていただきたいと思います。


#IT資産管理 #IT資産管理コンサルティング #IT資産管理システム #ソフトウェア資産管理 #ADVANCEManager #アラート



6回の閲覧

最新記事

すべて表示

実行型インベントリーツールの無償提供

IT資産管理研究所から、実行型インベントリー収集ツールが無償で提供されるようになりました。 インベントリーツールは本来、実行形式ではなく常駐型でサーバーからコントロールできるものを利用することが望ましいですが、 *スタンドアロン用のインベントリーツールのライセンスを持っていない *サーバーなど、常駐型のインベントリーツールを利用することが好ましくないハードウェアがある *まだインベントリーツールを

ADVANCE Manager の特許

ADVANCE Managerでは次の機能につき、今般、特許を取得しました。 特許を取得した機能は次のものになります。 ・リマインダー ・除外キーワード ・システム・サービス管理台帳 リマインダー 齟齬を検知した場合にアラートを通知する仕組みは一般的にありますが、すべての齟齬がアラートになり利用者に通知されるようになってしまうと、アラートの効果を果たさなくなります。リマインダーはこれを回避するため

パブリッシャーのライセンス情報掲載URL(2020.04.02現在)

ソフトウェアは著作物であり、「著作権法」という法律と、パブリッシャが定めた使用許諾条件(契約)の2つで守られています。 ソフトウェアを利用するユーザーは、その法律と契約を守る義務を負うことになります。 ライセンス監査についても、パブリッシャーの権利の一つとして使用許諾条件に記載されているものの一つです。 特にこの使用許諾条件の順守は厄介です。 それは、 ソフトウェアをインストールする際に小さい文字

2020 © Cross Beat Co., Ltd. all rights reserved.