パブリッシャーのライセンス情報掲載URL(2020.04.02現在)

最終更新: 5月3日



ソフトウェアは著作物であり、「著作権法」という法律と、パブリッシャが定めた使用許諾条件(契約)の2つで守られています。

ソフトウェアを利用するユーザーは、その法律と契約を守る義務を負うことになります。

ライセンス監査についても、パブリッシャーの権利の一つとして使用許諾条件に記載されているものの一つです。


特にこの使用許諾条件の順守は厄介です。


それは、

  1. ソフトウェアをインストールする際に小さい文字で表示されるものが多く、確認が難しいこと

  2. たとえ読んだとしても、使用許諾条件は多岐にわたり、読むべき重要な個所が分かりにくいこと

  3. SaaSのような形態で提供されるソフトウェアの場合には特に、パブリッシャーによって条件が帰られてしまうこと

といったことによります。


それでも使用許諾条件は確認しなければなりませんが、それすらも、パブリッシャー毎に使用許諾条件を毎回検索して確認するのは結構手間もかかります。


ここではご参考までに、特にユーザーが特に気にしていると思われるOracle、IBM、Microsoft、Adobe Systemsの使用許諾条件が記載されているURLをまとめさせていただきました。


使用許諾条件を確認される際に、ご利用ください。


なお、これらのURLは突然変更されることもあります。

表示されない場合にはご一報いただけるとありがたいです。


Oracle

契約条件確認サイト

https://www.oracle.com/corporate/contracts/contract-documents/

https://www.oracle.com/a/ocom/docs/lic-online-toma-jp-jpn-v040119.pdf


Oracle Processor Core Factor Table

http://www.oracle.com/us/corporate/contracts/processor-core-factor-table-070634.pdf

補足資料

https://www.oracle.com/assets/procr-core-factor-table-suplmnt-jp-3304645-ja.pdf


Microsoft

製品条項

https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/products


IBM

使用許諾契約

https://www.ibm.com/software/jp/passportadvantage/about_software_licensing.html

https://www.ibm.com/support/customer/pdf/terms/ibm_program.pdf

プロセッサーバリューユニット

https://www.networld.co.jp/product/ibm-software/pro_info/licence/pvu/

https://www.ibm.com/software/passportadvantage/pvu_licensing_for_customers.html


Adobe Systems

使用許諾条件

https://www.adobe.com/content/dam/acom/en/products/type/pdfs/eulas/eula-1seat-japanese-07.11.11.pdf

EULA

https://www.adobe.com/jp/legal/licenses-


使用許諾条件については、また機会を改めて記事を書きます。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

SAMACライセンスセミナーWebiner 無料開催

11月13日(金)開催 SAMACライセンスセミナー 主催:一般社団法人IT資産管理評価認定協会 後援:BSA ザ・ソフトウェア・アライアンス 今年度のライセンスセミナーは今年6月のITAM Worldで予定しておりました、基調講演、特別講演、クラウド・サービス管理WG、管理基準/評価規準WGの講演を準備させていただきました。 そのほかにも、IT資産管理を取り巻く環境、ライセンス管理の基礎等、これ

ADVANCE Managerのアラート機能(1)

ADVANCE Manager Ver.3.01には58のアラートがあります。 このアラートは、実際のお客様の運用状況や新しい機能追加に伴って増えています。 「そんなにあったらうるさくない?」 アラートの数を自慢しているわけではありません。 他社のシステムに比べてアラートの数が圧倒的に多いのは、単に管理状況の様々な齟齬を洗い出すことを目的としているわけではありません。 それによってさまざまな立場の

実行型インベントリーツールの無償提供

IT資産管理研究所から、実行型インベントリー収集ツールが無償で提供されるようになりました。 インベントリーツールは本来、実行形式ではなく常駐型でサーバーからコントロールできるものを利用することが望ましいですが、 *スタンドアロン用のインベントリーツールのライセンスを持っていない *サーバーなど、常駐型のインベントリーツールを利用することが好ましくないハードウェアがある *まだインベントリーツールを

2020 © Cross Beat Co., Ltd. all rights reserved.